いずれがあやめか、かきつばた?

 

もうすぐ、端午の節句です。

ところで、皆さんは、菖蒲とあやめと

かきつばたの区別はつきますか?

私は全くで、ちょっと調べてみました。

まず、一般的に菖蒲と言われているものは

実は、花菖蒲で、菖蒲に葉の形などが似ていている

ことから、この名がついたそうです。

実際の菖蒲(菖蒲湯に入れるもの)は、サトイモ科で

花は蒲の穂みたいな地味なものらしいです。

さて、花菖蒲とあやめとかきつばた、本当に

よく似てます。違いはいろいろある様ですが、

一番わかりやすい見分け方をご紹介!

花弁の元を見てみましょう!

・花菖蒲は、黄色の目型模様

・あやめは、網目模様

・かきつばたは、白色の目型模様

ということです。

これでもう、間違えることはありませぬ。

わたしは、昨日、たくさんのあやめが植えられて

いるお庭を見て、”ひとり菖蒲まつりだぁ。”と

内心はしゃいでいましたが、とんだ勘違いでした。

ただ、しょうぶもあやめも漢字で書くと

同じ菖蒲です。ああ、ややこしや~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です