古民家探訪!!

 

昨日、訪問したお宅は

瓦や建具など古い物が残っていながら

でも、どこか若々しいセンスも感じる

素敵なお家でした。

もしや、意外にお若い方がお住まいかも・・・

いつもの様にピンポーン♪

お庭に面した長い廊下のガラス戸を開けて

出てこられたのは

ショートカットがお似合いの

凛とした60代くらいの女性でした。

お話を伺うと、築100年以上経っているそうで

ご両親が他界され、主を失った生家を管理されて

いるそうです。

女性が”珍しいでしょ”と教えてくれたのですが

屋根の上の所に土管のようなものが

一列に乗っています。

風を逃がすために考えたのでは

とおっしゃっていましたが

なんだか、とてもかわいいアクセントになってます。

それから、これも戸を開けて、見せてくださった

のですが、畳が市松に織られています!

初めて見ました!!

そんな風に、住んでいた方の

そして、継がれる方のこだわりや感性が

隅々にまであふれた、心地よいお家でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です