超レア!レトロ硝子。

 

あるお宅の玄関の中の建具です。

お家は昭和の初めに建てられたそうです。

この硝子も当時のままです。

その名を結霜硝子といい、

まさに霜が張った様な硝子なので

そう呼ばれているようです。

型硝子ではなく、ガラスの表面に

膠をぬって作るそうです。

時々、見かけますが、こんなに至近距離で

写真まで撮らせて頂けるなんて

身に余るしあわせ!!

陽があたると、虹色に輝くそうです。

お話を伺ったのは、80代の女性でしたが

玄関には、庭で摘まれた水仙を

さりげなく生けられていて

日々を丁寧に暮らしている・・・

そんな風に感じました。

また、お会いしに伺いたいと

思いました。